シニア情報局

俺たち(シニア)に明日はない。毎日が必死のパッチ!

【早起き】「朝8時までの習慣で人生は9割変わる」|早起きのコツ2選【本要約】

 

【早起き】「朝8時までの習慣で人生は9割変わる」|早起きのコツ2選【本要約】
OLめいの本要約チャンネル

 

youtu.be

 

■サラリーマン・OL必読! 「新ライフスタイル」で、AI時代を生き抜く!

このページをご覧いただき、ありがとうございます。
この本は、主に以下のような悩みを持つサラリーマンやOLのために書かれた本です。

「AIの発達で、将来、リストラされたらどうしよう……」

もし、あなたがそう思うのだとしたら、今のライフスタイルを少しだけ変えてみませんか?
朝30分、少し早起きをするだけでもOKです。

例えば、朝、出社前にお金を稼げば、「転職」「起業」「セミリタイア」も思いのまま。
もうリストラは恐くありません。

「朝8時までの習慣」を変えるだけで、あなたの人生がガラリと変わります。

■早起きのカギになる「体内時計のリセットポイント」とは?

「そうはいっても、早起きは苦手で……」

そう感じている方も多いのではないでしょうか?
疲れていると、目覚まし時計をかけても、ついつい二度寝をしてしまうものです。

では、いったいどうすれば、「早起きは苦手で……」を克服できるのでしょうか?

あなたは、「体内時計リセットポイント」をご存知ですか?

体内時計が「朝の太陽の光」で、本来の25時間から24時間にリセットされることは、よく知られています。
しかし、最新の研究で「朝の太陽の光」よりも「食事」の方が、より重要であることが分かってきました。

本書でご紹介するのは、最新の研究に基づく「体内時計のリセットポイント」を活かした「早起きテクニック」です。
ですから、誰でも簡単に早起きできます。

もちろん、専門家の意見による「医学的根拠」に基づく方法です。

■これからのサラリーマン・OLは、朝、出社前にお金を稼ぐ!

さて、最も重要なのは、「早起きをして作った時間をどのように使うか」です。

本書でオススメしたいのは「朝、出社前にお金を稼ぐ」ことです。

「朝、出社前にお金を稼ぐ? それは無理でしょう?」

そう思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

この本の著者・市川清太郎氏は、現役のサラリーマンながら、副業で11社の会社を経営している「次世代型」のサラリーマンです。

なぜ、現役のサラリーマンながら、副業で11社の会社経営ができるのでしょうか?
それは、早起きをして、「朝時間」を有効活用しているからに他なりません。

本書では、市川氏が実践している「朝、出社前にお金を稼ぐ方法」を分かりやすく解説します。

■「無料面談&コンサルティング」で、あなたを全力サポート!

著者・市川清太郎氏は、現役のサラリーマンです。
ですから、「会社の給料だけではキツい……」というあなたの気持ちを、誰よりも理解しています。

「そうはいっても、どうやってお金を稼げばいいのか、分からない……」

そうしたあなたのために、読者限定の特典として、著者・市川清太郎氏が無料面談を実施。
「自分でお金を稼いでみたい」というあなたを、全力でサポートさせていただきます。

【読者限定・2大無料プレゼント】
1.著者・市川清太郎による無料面談&コンサル(先着100名様、希望者のみ)
2.『本書には書ききれなかった 今すぐ稼げる裏ワザ』(PDFファイル)

詳しくは、本書の巻末をご覧ください。
あなたの人生が「明日の朝」から変わります!

 

内容(「BOOK」データベースより)
できる人の早起きテクニック&「朝時間」の使い方。AI時代を生き抜く「新ライフスタイル」―早起きは武器になる! --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
市川/清太郎
経営コンサルタント。1978年生まれ。現役のサラリーマンながら、副業で複数の事業を立ち上げ、国内外で11社の会社を経営している「次世代型」のサラリーマン。4歳のときに父親を亡くした経験から「人生の時間にはかぎりがある」と感じ、時間の大切さを実感。以後、「時間の有効活用」に徹底的にこだわるようになる。学生時代から「早起き」を実践し、学業のかたわらで起業。青年実業家として活躍した。大学卒業後は「今しかできない、新卒での入社を経験してみたい」という動機で、学生時代のビジネスを全て手放し、大手化粧品会社に就職。その後、海外勤務や計10回の転職を通じて「経験の幅」を広めるのと同時に、「朝と週末の有効活用」を実践して、副業を開始。現役のサラリーマンながら、現在は海外進出支援・ビジネスマッチング・投資アドバイザー・コンサルティング・出版関連など、副業で国内外の計11社の経営に携わっている。その一方で、「サラリーマンやOLであっても、もっと自由に人生を生きられるはずだ」「早起きをすれば、時間とお金の自由は必ず作れる」という信念のもと、自身の経験やノウハウを伝える「自己啓発セミナー」や「副業投資セミナー」を定期的に開催。好評を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。
著者について
市川清太郎(いちかわ・せいたろう)

経営コンサルタント。1978年生まれ。現役のサラリーマンながら、副業で複数の事業を立ち上げ、国内外で11社の会社を経営している「次世代型」のサラリーマン。

4歳のときに父親を亡くした経験から「人生の時間にはかぎりがある」と感じ、時間の大切さを実感。以後、「時間の有効活用」に徹底的にこだわるようになる。学生時代から「早起き」を実践し、学業のかたわらで起業。青年実業家として活躍した。
大学卒業後は「今しかできない、新卒での入社を経験してみたい」という動機で、学生時代のビジネスを全て手放し、大手化粧品会社に就職。その後、海外勤務や計10回の転職を通じて「経験の幅」を広めるのと同時に、「朝と週末の有効活用」を実践して、副業を開始。現役のサラリーマンながら、現在は海外進出支援・ビジネスマッチング・投資アドバイザー・コンサルティング・出版関連など、副業で国内外の計11社の経営に携わっている。
その一方で、「サラリーマンやOLであっても、もっと自由に人生を生きられるはずだ」「早起きをすれば、時間とお金の自由は必ず作れる」という信念のもと、自身の経験やノウハウを伝える「自己啓発セミナー」や「副業投資セミナー」を定期的に開催。好評を得て、『日経マネー』(日経BP社刊)、『PRESIDENT NEXT』(プレジデント社刊)、『週刊SPA!』(扶桑社刊)、『副業完全ガイド』(晋遊舎刊)など、数多くの雑誌で、そのノウハウが紹介されている。

著書に『ズレるが勝ち』(経済界刊)、『副業ダブルワークガイドブック』(産学社刊)、出版プロデューサーの長倉顕太との共著に『副業中毒』(電子書籍)がある。

--このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。