シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

3年で10億円を築いたサラリーマンが教える「お金を生む時間」のつくり方

 

本日

「当ブログは読者数1名、ブログランキング圏外の超無名ブログです。目指せ読者数3名!いつの間にか、ヘッダーに赤いボタンが・・・。(笑)」

の記事を書きました、

目標の読者数3名!が達成できました。ありがとうございました。

読者になってくださった方、はてなスターをつけてくださった方本当にありがとうございました。感謝申し上げます。

 

【漫画】「3年で10億円を築いたサラリーマンが教える「お金を生む時間」のつくり方」をわかりやすく解説【要約/荒木陽介】

youtu.be

フェルミ漫画大学
チャンネル登録者数 76.3万人

今回のお話は!【はい!望月りんです!今回はサラリーマン投資家である荒木陽介さんの書かれた「お金を生む時間のつくり方」を解説していきます。この本は一言でいうと「サラリーマンが資産形成をする方法を教えてくれる本」だ。資産形成か。俺もちゃんと考えなきゃなぁ。俺みたいなフツーのサラリーマンは一体何をしたらいいんでしょう?この本ではサラリーマンが資産形成をする手段として「不動産投資」をおすすめしている。...】

【漫画】「3年で10億円を築いたサラリーマンが教える「お金を生む時間」のつくり方」をわかりやすく解説【要約/荒木陽介】

参考文献:3年で10億円を築いたサラリーマンが教える「お金を生む時間」のつくり方 荒木 陽介 さま
購入→https://amzn.to/3ntg9is

 

3年で10億円を築いたサラリーマンが教える「お金を生む時間」のつくり方 Kindle
荒木 陽介 (著)  形式: Kindle
5つ星のうち4.2    45個の評価    

たった3年で総資産10億円以上を築いた現役サラリーマンが、サラリーマン人生を劇的に変えた資産形成術を解説。「労働の時間」と「投資の時間」を両立させることで、サラリーマンであることのメリットを最大限活用しつつ収入を爆増させるノウハウを伝授する。

 

出版社からのコメント
Amazon売れ筋ランキング
「投資・金融・会社経営の不動産投資」第1位 (2022/3/19調べ)

★「サラリーマン投資家」こそ、最強の生き方!
「忙しくて時間がない! 」「投資している暇がない! 」
そんなサラリーマンのためのサラリーマンによる「資産形成」の教科書。
資産形成の成功に直結するスキルとマインドを、272ページに凝縮!

★著者が12年間かけて編み出した「時短&コミュニケーション術」が成果に直結!
たった3年で資産10億円を築いた現役サラリーマンがおすすめするのは「不動産投資」。
不動産投資なら、サラリーマンという武器をフル活用した資産形成が可能。

★特に20代独身男女サラリーマン必読! 働き方の小さな差異で未来が大きく変わる。
「時間の使い方」を変えるだけで、「勝ち組サラリーマン」への道が拓ける!
「時間」を原資に「信用」を積めば、「資産」を爆増させられる!
もし会社が副業解禁しても、絶対にやってはいけないお金の増やし方がある。
そのメカニズムと対策を大公開!
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
著者について
荒木陽介 (あらき・ようすけ)
不動産投資を中心とした国内外の様々な資産形成を実践するサラリーマン投資家。
1977年生まれ。大学卒業後、広告会社に入社し、25歳から12年間にわたり、激務の傍ら、本業の仕事と母校の部活指導を両立させる。その間に、仕事を平日にやり終える時短術や周囲との上手な関わり方、効率的に自己投資する学習法を編み出す。部活指導では35歳で日本一(国体優勝)を果たし、会社でも営業目標を達成し続ける(40歳のとき、最年少で部長に昇進)。一人娘がもの心つくと37歳で部活指導から身を引き、その時間とノウハウを子育てと資産形成に投じ、不動産投資ではたった3年で総資産10億円を築く。
現在の総資産は20億円、総資産から負債を引いた純資産は2億円に。一時はFIRE(経済的自立と早期リタイア)を迷うも、「サラリーマン投資家こそ最強の生き方」と悟り、現役サラリーマンと不動産投資家の二足のわらじを継続中。日本はサラリーマン大国なのに、会社の同僚や後輩との対話から、夢が持てず将来不安に悩む人が多いことに問題意識を持ち、「サラリーマンが実行しやすい投資法」の実践と研究に励む日々を送る。バー、スポーツジムのオーナーでもある。
今後は、経済的にも気持ち的にもゆとりある元気なサラリーマンを増やし、日本を元気にするために、書籍執筆やオンラインサロンなどの情報発信を通して、特に20代のサラリーマン(男女共に)に対して、健康かつ独身のうちに資産形成に向けた第一歩を踏み出す重要性を伝えていきたいと考えている。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。