シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

老いの品格 品よく、賢く、おもしろく

 

私はよく、下品と言われます。(笑)

 

【ベストセラー】「老いの品格 品よく、賢く、おもしろく 」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

youtu.be

本要約チャンネル【毎日19時更新】
チャンネル登録者数 105万人

Amazonの購入はこちら👉👉https://amzn.to/3BGpVX5
楽天の購入はこちら👉👉https://a.r10.to/hMQqm3

▼【目次】
0:00  ご挨拶・導入
02:40   本日のお品書き
03:08 ①限   どれだけ老いに抗おうとも、老いない人はいない                  
11:25    ②限   あなたが死ぬときにあなたを思って泣いてくれる人はいますか?
26:40    ③限   歳をとることで得られる最高のメリット

 

老いの品格 品よく、賢く、おもしろく (PHP新書) 新書 – 2022/5/28
和田 秀樹  (著)
5つ星のうち3.8    26個の評価

長年、老年精神医学に携わり、6,000人以上の高齢者を診てきた著者は、いい歳のとり方をする人と、そうでない人がいることを日ごろ実感している。
いい歳のとり方をしている人は、老いを素直に受け入れ、老いの現実にジタバタしたりビクビクしたり、あるいは何かに固執したりすることなく、老いそのものを楽しもうとする。本書では、そうした魅力的な理想の老人を、「品のある老人」「賢い老人」「おもしろい老人」という三つのカテゴリーに分けて解説し、それらを備えていることが「老いの品格」であるとする。
そのようなすてきな老人になるためにはどうすればよいか。著者は、「知識に経験を交えながら議論する」「いつまでも現役の消費者でいる」「墓より金より名前を残す」など、具体的なヒントを提示している。
70代、80代を安心して快活に生きる方法を説く本。老いることに勇気が湧き、老いを楽しみたくなる!

 

出版社からのコメント
プロローグ こんな老人に私はなりたい
第1章 老いることにジダバタしない
第2章 加齢を怖がる必要はない
第3章 常識に縛られない、おもしろい老人になろう
第4章 お金や肩書への執着を捨てる
第5章 「だてに歳はとっていない」と誇れる老人になろう
第6章 すてきな高齢者になるために必要なこと
著者について
和田 秀樹(わだ ひでき)
1960年、大阪府生まれ。東京大学医学部卒業。精神科医東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、和田秀樹こころと体のクリニック院長。高齢者専門の精神科医として、35年近くにわたり高齢者医療の現場に携わっている。
主な著書に、『70代で死ぬ人、80代でも元気な人』(マガジンハウス新書)、『80歳の壁』(幻冬舎新書)、『70歳が老化の分かれ道』(詩想社新書)、『「損」を恐れるから失敗する』(PHP新書)などがある。