シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

「やりたいことの見つけ方」

 

【漫画】「やりたいことの見つけ方」をわかりやすく解説!【要約/リチャード・ブロディ】

youtu.be

フェルミ漫画大学
チャンネル登録者数 77.1万人

今回のお話は!【はい!望月りんです!今回は「Wordを開発した伝説のプログラマー」であるリチャード・ブロディさんの書かれた「やりたいことの見つけ方」を解説していきます。この本は一言でいうと「自分の心に正直な人生を送る大切さ」を教えてくれる本だ。りんさん。Wordって、あのWordですよね?あぁ、そうだ。大学生のレポートやビジネスの文書作成まで、ありとあらゆる場面で役立つ万人の必須アイテム。Wordだ。おおおおお!すげえ!!...】

【漫画】「やりたいことの見つけ方」をわかりやすく解説!【要約/リチャード・ブロディ】

参考文献:Microsoft Wordを開発した伝説のプログラマーが発見した「やりたいことの見つけ方」がすごい!  リチャード・ブロディ さま
購入→https://amzn.to/3zdxkKJ

 

Microsoft Wordを開発した伝説のプログラマーが発見した「やりたいことの見つけ方」がすごい! 単行本 – 2022/1/14
リチャード・ブロディ (著), 坂元信介 (翻訳)
5つ星のうち4.3    116個の評価


"世界で一番売れている文書作成ソフト・Wordの開発者ブロディ氏が説く、奇跡を起こす人生技術。
人生で成功するために何をなすべきかを説いた傑作である。

著者は、1981年にハーバード大学を中退してコンピュータ革命に参加し、マイクロソフト社のソフトウエア開発部門の3番目の社員となった。
Wordをはじめ、数多くのソフトウエアを開発し、ビル・ゲイツ氏の個人的な技術アドバイザーとしても活躍したが、数年間の激務の後、ストレスと疲労が積もり仕事を辞め、より意味のある人生を求めて一心不乱の探求に乗り出した。

著者がいちばん発見したかったのは、なぜ人生が「まあまあ満足」程度で推移し、時たま「穴」に落ち込むが、決して「素晴らしい」レベルに到達しないのか……であった。
本書の中で、氏はその波乱万丈の旅の結果について語り、成功と幸福を得るためのガイドを提供している。

ビル・ゲイツ氏も「驚くほど有益だ! 」と絶賛した、米国発のロングベストセラー。

本書は『夢をかなえる一番よい方法』というタイトルで、邦訳単行本版がPHP研究所から2002年に、邦訳文庫版が2006年に、それぞれ発売された原著『GettingPast Ok』の改訂・新訳版です。

 

著者について
リチャード・ブロディ(Richard Brodie)【著】
1981年にハーバード大学を中退してマイクロソフト社に入社。
Microsoft Wordの初代開発責任者、ビル・ゲイツ直属の技術アシスタント。
同社からの独立後は、米国の人気トーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」を含む様々なテレビ番組やラジオに出演。
その他、プロのポーカープレイヤーとして世界最高峰のトーナメント「ワールドシリーズ・オブ・ポーカー」をはじめとした数々の大会にも出場するなど、自分の「人生の目的」に沿って、活躍の場を自由自在に広げている。

坂元信介(さかもと・しんすけ)【訳】
翻訳家。筑波大学第三学群国際総合学類卒業。
同大学大学院人文社会科学研究科博士課程中退。
訳書に、『リフレが正しい。FRB議長ベン・バーナンキの言葉』(中経出版、共訳)がある。