シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

「食べない」ひとはなぜ若い? 空腹でオン!「長寿遺伝子」の驚異

「食べない」ひとはなぜ若い? 空腹でオン!「長寿遺伝子」の驚異

 

【ベストセラー】「食べない人はなぜ若い?空腹でオン!「長寿遺伝子」の驚異」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

youtu.be


本要約チャンネル【毎日12時更新】
チャンネル登録者数 25.8万人
Amazonの購入はこちら👉👉https://amzn.to/3O2rSR6

▼【目次】
0:00 ご挨拶・導入
0:33 本日のお品書き
0:50 ①限 食にまつわる奇跡と悲劇の話
14:05  ②限 少食が老化を遅らせ寿命をのばす
21:20  ③限 断食で病気が治る

 

「食べない」ひとはなぜ若い? 空腹でオン!「長寿遺伝子」の驚異

決定版!ファスティング・バイブル

◎ 「断食は万病を治す」
(ヨガの奥義)

◎ “メスのいらない手術"
世界の医学界も注目

◎ 「断食で奇跡が起きる!」
世界の最新医学情報を満載

『「長生き」したければ食べてはいけない』の
超バージョンアップ新装版!

長寿遺伝子〝SIRT1〟が発見されています。長寿遺伝子は他の遺伝子を〝傷〟から守る働きをしていることが、わかってきた。つまり「老化」とは「遺伝子の傷」が原因で起こる「肉体の変化」なのです。

「少食」は長寿遺伝子を「オン」にする! カロリー過多ではスイッチが入らない!長寿遺伝子は、つねに他の遺伝子を「傷」から守る「酵素」を出している。「カロリー制限」すると、その「酵素」が、働きを「助ける物質」と合体して、活動を開始するのだ!

活性酸素は老化や炎症を起こして組織を破壊、衰弱、老化させます。まさに若さの敵。
少食は、様々な生理システムを経由して、最後は活性酸素を減らし、組織を若返らせる。
同じことが、少食により、ほとんどの老化疾患の改善経過でも起こるのです!

腹七分サルは「肌の色つやよく」「ほとんどシワもない」。この血液を測定すると「DHEAという若返りホルモン値が非常に高かった」のです!

余剰エネルギーが異常を作り出しているのです!自然現象の原則は、留まらず、絶えず変化しているということ。だからエネルギーも停止しているということはできない。エネルギーが不足しているから病気が治らないのではなく、余剰の自分の力で自分の体をこわしているのが病気なのだ!

なぜ、こんなに患者数が増えているのか?」
あなたは疑問に思うはずです。答えは「増えているのではない」。「増やしている」。
いったい、だれが? 犯人は厚労省です。そして、その背後でほくそ笑む製薬メーカーなど巨大な医療利権です。

「断食」の二大効用は、「治癒力」の増大と「排毒力」の増大である!
断食が若返り法であることは当然のこと!
さらに「断食とセックス」には、自然界の深い神秘が潜んでいるという!

ヒトでも同様の長寿遺伝子があることが判っている!英国の科学誌『ネイチャー』に載った京大の論文だ。「カロリー制限」でさまさまな動物の寿命が一・五~二倍のびることは確定事実として広く科学者に知られているのだ!また長寿遺伝子には、アルツハイマー認知症を防ぐ働きもある!

「風邪」はもちろん「アトピー性皮膚炎」「気管支炎」「アレルギー性鼻炎」「花粉症」などアレルギー疾患も、さらにはがん、リウマチ難聴、潰瘍性大腸炎、いわゆる医原病、難治性疾患も「少食」でピタリ治るーーこの本ではそのようなハナシをバンバンします!

 

内容(「BOOK」データベースより)
「少食」は長寿遺伝子を「オン」にする!カロリー過多ではスイッチが入らない!長寿遺伝子は、つねに他の遺伝子を「傷」から守る「酵素」を出している。「カロリー制限」すると、その「酵素」が、働きを「助ける物質」と合体して、活動を開始するのだ!少食は、様々な生理システムを経由して、最後は活性酸素を減らし、組織を若返らせる。同じことが、少食により、ほとんどの老化疾患の改善経過でも起こるのです!
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
船瀬/俊介
1950年福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部社会学科卒業。学生時代から消費者・環境問題に関心を抱く。日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加。1986年、独立。以来、「医」「食」「住」問題を中心に、執筆、評論、講演活動を続けている。著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)