シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法

内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法 (幻冬舎新書)

【ベストセラー】「内臓脂肪を最速でストンと落とす魔法の食事法」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

youtu.be

本要約チャンネル【毎日12時更新】
チャンネル登録者数 25.9万人
▼【目次】
0:00   ご挨拶・導入 
2:18   第1章 内臓脂肪を最も効率よく減らせる運動と食事
8:57   第2章 内臓脂肪を激増させる悪魔
20:44 第3章 内臓脂肪を激減させる食品

▼参考文献
タイトル:内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法
著者:奥田昌子
出版社:幻冬舎
Amazonで購入はこちら👉https://amzn.to/3tcDNn7

 

内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法 (幻冬舎新書) Kindle版奥田昌子  (著)  形式: Kindle
5つ星のうち3.5    199個の評価  

肉中心の食生活をしてきた欧米人と比べ、魚中心だった日本人は摂取した脂肪を皮下脂肪としてたくわえる能力が低く、より危険な内臓脂肪の形で蓄積しやすい。ほうっておけば高血圧や糖尿病など生活習慣病はもちろん、さまざまながん、さらに認知症の原因になることもわかってきた。だが、体質だからと諦めるのは早い。内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすく、普段の食事や生活習慣の改善が減量に直結するのだ。肉や炭水化物の正しい摂り方、脂肪に効く食材、効果抜群の有酸素運動などを、最新の論文をもとに解説。読むほどに内臓脂肪が落ちる新常識が満載。

 

内容(「BOOK」データベースより)
肉中心の食生活をしてきた欧米人と比べ、魚と穀物中心だった日本人は摂取した脂肪を皮下脂肪として蓄える能力が低く、より危険な内臓脂肪の形で蓄積しやすい。放置すれば高血圧や糖尿病など生活習慣病はもちろん、各種がんや認知症の原因になることもわかってきた。だが、体質だからと諦めるのは早い。内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすく、普段の食事や生活習慣の改善が減量に直結するのだ。肉や炭水化物の正しい摂り方、脂肪に効く食材、効果抜群の有酸素運動などを、最新の論文をもとに解説。読むほどやせる内臓脂肪の新常識。 --このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。
著者について
京都大学大学院医学研究科修了。内科医。京都大学博士(医学)。
愛知県出身。博士課程にて基礎研究に従事。
生命とは何か、健康とは何か考えるなかで予防医学の理念にひかれ、
健診ならびに人間ドック実施機関で20万人以上の診察にあたる。大手化学メーカー産業医を兼務。
著書に『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』(講談社ブルーバックス)、
『健康診断 その「B判定」は見逃すと怖い』(青春新書インテリジェンス)、
『実はこんなに間違っていた! 日本人の健康法』(大和書房)などがある。 --このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
奥田/昌子
京都大学大学院医学研究科修了。内科医。京都大学博士(医学)。愛知県出身。博士課程にて基礎研究に従事。生命とは何か、健康とは何か考えるなかで予防医学の理念にひかれ、健診ならびに人間ドック実施機関で二十万人以上の診察にあたる。大手化学メーカー産業医を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。