シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

4時間で800食が売れる格安弁当!真夜中から店主がたった一人で仕込む“親父が作る母の味”

4時間で800食が売れる格安弁当!真夜中から店主がたった一人で仕込む“親父が作る母の味”

youtu.be


TBS NEWS DIG Powered by JNN
チャンネル登録者数 130万人

新橋にある連日行列する人気弁当店。容器から飛び出る焼き魚にフタが閉まらないほど大きな竜田揚げが入って600円。厨房は常にてんやわんや、1日800食以上売れる爆売れ弁当、実は店主が夜なべして仕込んでいました。

■800食完売!20秒に1個売れる行列の弁当店 絶品焼き魚&竜田揚げ

東京・新橋。オフィス街の一角に なにやら人だかりが!

長~い列をたどると…年季の入った“のれん”がかかった弁当店。

容器から、はみ出ている!脂ののった大きな“シマホッケ”が主役の「魚弁当」。メンチカツものったこのボリュームで600円!

週3~4回買いに来るお客さん
「日替わりで、こんな感じなんです!毎日こんな感じで!」

もはやフタはのっけただけ~!
「日替わり弁当」は、大きな竜田揚げが2つにアジフライやエビも入って 
これまた600円!

まだまだありますよ~
揚げたての「メンチカツ弁当」に、
「ぬきぬき弁当」と名づけられた“揚げ物抜き”のヘルシー弁当!

小腹が空いた人には“炭焼き鶏のどんぶり”も!(いずれも600円)

お客さんに人気なのは1パック100円の「お惣菜」や10種類以上の具材が入った「日替わりの汁物」も、よそい放題で100円なんです!

お弁当のかわの 井上康一店主(48)
「今日多分883食、今月一番いいですよね」

1時間に200個…ということは20秒に1個は売れるお弁当!!

行列をつくるお客さんにこの“激せまな厨房”は、もうてんてこま~い!

大忙しの厨房では…赤いシャツがトレードマークの「揚げ物担当」松井さん。

慣れた手つきで「鶏の唐揚げ」と格闘中!コンロの前の灼熱の暑さをものともしないプロ魂!気が付けば…周りはチキンの山!

その横で、揚げ物や焼き魚を手際よく盛り付けているのは店主とバイトの見事な連携プレー!

店主の好きな美味しいものは「茶色いおかずが多いお弁当」。

そこに厚焼き卵やエビ、炒め物など彩りもプラス!一気に食欲も湧いてきました~!!

気が付けば!おかずを詰めた弁当箱の山積み!何十個も何百個も重ねても崩れないだなんて、これはまさに神業~!

仕上げで登場したのは!「ご飯を盛らせたら右に出るものはいない」という「ご飯担当」天野さん!

オーダーが聞こえたら“白米”と“玄米”の2種類を素早く的確にお弁当箱に盛る!こっちに玄米!こっちには白米~!

あの積み重なっていた容器は、みるみるうちに減っていきます!これだけたくさんの“ご飯”に“おかず”。一体いつ仕込んでいるのでしょうか?

■真夜中から店主がたった一人で仕込む“オヤジが作る母の味”

午前0時30分 
お弁当のかわの 井上康一店主(48)
「今から仕込みをします」

――従業員の方もいらっしゃる?
「誰もいないんですよ」

せわしない昼間とは正反対。静まり返った厨房。人件費削減のため、仕込みは店主の井上さん、たった一人です。睡眠時間は、2時間半なんて日も…

お弁当のかわの 井上康一店主(48)
「(鶏肉を)今ザルにあげて水気を切ったらタレにつける感じ」

人気のおかず「竜田揚げ」。90キロの鶏肉に下味をつけていきます。

この日の魚弁当のメインは「シマホッケ」。身も厚く大きいため一度に焼けるのは25枚。焼きだけで10回も繰り返し見事な山積みに!

さらに…ご飯は「宮城産のひとめぼれ」。毎日200キロ分も炊いているんです。

♪ピロン(通知音)

お弁当のかわの 井上康一店主(48)
「これも今、お弁当の注文が入った」

――今午前2時15分ぐらいですけど?
「寝る前に注文したんだと思う」
             
深夜2時過ぎ、厨房に鳴り響いた“弁当注文”の合図。

ネットで予約が取れるため、真夜中にも常連客の注文が…

お客さんのメッセージが嬉しいんだそう!

お客さんのメッセージ
「いつも美味しいお弁当ありがとうございます!揚げたて出来立てで、よそでは食べられません」

仕込みを続ける店主。調理で使うのは、傷やサイズの揃っていないB級品の野菜。

お弁当のかわの 井上康一店主(48)
「2割仕入れが下がって2割を儲けるのじゃなくてその分たくさん盛りつける」

美味しく調理してしまえば関係ない!ナスは味の染みた「煮びたし」に。

小さなエリンギは、お弁当のおかずに。

お弁当のかわの 井上康一店主(48)
「自分が食べたいな、今食べたいな、と思ったものをすぐ出せるのが商売やっててよかったな」

元々は大手ハンバーガーチェーン店で働いていた井上さん。その時の“先輩の家族”が経営していた弁当店を引き継ぎました。

お弁当のかわの 井上康一店主(48)
「自分がお母さんの気持ちになって作ってるってのありますよね。でも実際作ってるのはオヤジなんで(笑)」

毎日食べるお弁当だからこそ愛情を込めて作る。それが井上さん流の“おふくろの味”。

押し寄せる値上げの波に悩んでいます。でも、家に帰れば疲れも悩みも吹き飛ばしてくれる2人の子ども達が!

――お父さんのお弁当食べる?