シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

小田急線 犬が先頭車両に 飼い主「散歩中にリード外れ...」 駅員が手をかまれる


小田急線 犬が先頭車両に 飼い主「散歩中にリード外れ...」 駅員が手をかまれる

youtu.be

FNNプライムオンライン
チャンネル登録者数 142万人

6日朝、小田急線の車内で撮影された映像。
突然、犬が乗り込む騒ぎをとらえていた。

首輪を着けた中型犬が、車内で駅員に向かってほえている。

アナウンス「ただいま、この電車に犬が入り込んでいるとの情報が入っています」

騒ぎは6日午前7時過ぎ、小田急線の鶴巻温泉駅で起きた。

上り線のホームで駅員が犬を発見し、捕まえようと追いかけた。

すると、そのタイミングで新宿行きの各駅停車がホームへ。
そのドアが開いた途端、犬が先頭車両に乗り込んだという。

外に誘い出そうとする駅員に飛びかかるような動きも見せる犬。
乗客は、犬が近づくと傘を開き、防御態勢をとっていた。

犬は駅員を威嚇するように、うなり声も上げた。

しばらくにらみ合いが続き、侵入からおよそ9分後に犬はようやく確保され、外に連れ出された。

この騒ぎで、駅員の1人が親指と人さし指の間をかまれ、軽いけがをした。
乗客にけがはなかった。

そもそも犬はどこからホームに侵入したのだろうか。

犬が現れたホーム側の道路には、犬が入れそうな隙間もあり、ホームにのぼる階段もある。

警察によると、飼い主は「散歩中、首輪からリードが外れ、犬がいなくなった」と説明。

保護された犬は、無事、飼い主の元に戻されたという。

 

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/