シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

ニートからリアル脱出ゲームの生みの親に「動けば“やりたいこと”が見えてくる」

ニートからリアル脱出ゲームの生みの親に「動けば“やりたいこと”が見えてくる」

www3.nhk.or.jp

物語に没入する体験が人気を集める「リアル脱出ゲーム」。生みの親の加藤隆生さんですが、実は20代の大半は仕事をせず実家で過ごしていました。30歳になる目前で焦って動き出した途端にやりたいことが見えてきて、いまのビジネスにたどり着いたといいます。その経緯、詳しく聞きました。