シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

【特許取得の音色】自律神経を整え 慢性疲労から回復するための音楽

【特許取得の音色】自律神経を整え 慢性疲労から回復するための音楽

youtu.be

3,779,142 回視聴  2019/09/20
癒しの音楽専門「TENDER SOUND JAPAN」です 
▼チャンネル登録はこちら
http://www.youtube.com/channel/UC2C-x...

▼神山純一の音楽 好評配信中
Spotify
https://open.spotify.com/search/%E7%A...
Amazon
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E7%A5%9...
Apple Music
https://music.apple.com/jp/search?ter...
レコチョク
https://recochoku.jp/search/all?q=%E7...
LINE MUSIC
https://music.line.me/webapp/search?q...

▼神山純一の音楽 CD購入/ダウンロードはこちら
CD
https://amzn.to/3vZ3ZQf
ダウンロード
https://recochoku.jp/artist/2000014376/

心と身体に良い効果を与える「音楽の力」を最大限生かし、
各界の専門家の監修のもと、現代日本人が抱える様々な心や身体の悩みをケアする音楽を生み出してきた、
神山純一の特許取得の癒しの音色(特許認定第2720858号)で奏でる癒しの音楽

皆さんの中には、「疲れ」は、筋肉にたまった乳酸が原因と聞いたことがある人もいるでしょう。
ところが最近、「疲れ」の原因は、実は「自律神経」にあるということが明らかになってきました。

「自律神経」とは、私たちの意思とは関係なく働く神経の事です。
例えば、心臓を動かしたりするのも自律神経の仕事です。
「自律神経」は身体機能の一つですから、当然、使いすぎると疲れてしまいます。
自律神経は、日中活発に働く交感神経と、睡眠時などリラックス時に働く副交感神経に分けられます。
「疲れ」は、自律神経のうちの交感神経が、過度なストレスなどが原因で、それに対抗しようと酷使された結果なのです。
言い換えれば、「疲れ」は疲弊しているからゆっくり休むように出された、交感神経からの危険信号なのです。

通常であれば、日中活発に働いた交感神経も、夜、睡眠時にリラックスする副交感神経に切り替わることで
疲れから回復することが出来るのですが、
忙しい現代社会に生きる我々の中には、日々のストレスや、睡眠不足などが原因で、うまく休むことが出来ず、
なんとなくダルい、寝ても疲れが取れないといった慢性疲労の状態に悩んでいる人も多いのです。

疲れを感じたら、無理せずゆっくり、自律神経を休ませてあげましょう。
難しいことはありません。副交感神経はリラックスするときに働くので、睡眠をとって、しっかり休息すればよいのです。
ただ横になればいいのではなく、ぐっすりと質の良い眠りを取ることが、副交感神経を優位に働かせるのに重要です。
眠る前の、スマホブルーライトや、カフェインなどは脳に刺激を与え、よく眠れない原因となるので避けましょう。
そして、自分なりの方法でリラックスして、スムーズに眠りにつけるようにしましょう。
ゆったりとした音楽をきくこともとても有効的です。
たとえば、悩み事などで頭の中がもやもやしてよく眠れないという人もいるでしょう。
そんな時は、頭からいったん悩みを切り離すイメージで、ゆっくりと音楽に集中してみてください。
悩みに執着している頭を、一時的に開放することはとても有効的です。

神山純一の音楽は脳幹に深く響く癒しの音楽です。
テンダートーンと名付けた、特許を取得した癒しの音色を用いて全編演奏されています。
神山純一の音楽は、富田隆氏(心理学者・駒沢女子大学教授)による実証実験で、その効果は実証済みです。

音楽の力をうまく取り入れて、ぐっすり眠って体を回復し、健康的な毎日をお過ごしください。

【使用楽曲】
1.いとしい心に
2.明日へ 
作曲/編曲:神山純一 演奏:神山純一 J.Project

■アーティストプロフィール
”高品質な心やすらぐ音楽”そして”快適な音の空間”を送り出す作曲家・編曲家・プロデューサー
特許を取得した癒しの音色(特許認定第2720858号)に代表される、オリジナルにして多彩な制作手法をもつ。
CMソング、CDの作曲・編曲、テレビ音楽の作曲・編曲、コンサート音楽監督など、クラシックからポピュラー音楽、
CD音楽、テレビ音楽までその活動範囲は幅広い。
日本日本音楽著作権協会JASRAC)会員
作編曲家協会(JCAA)会員