シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

【“値上げのピーク“10月迫る】マクドナルドも今年2度目の値上げへ

 

“値上げのピーク“10月迫る “駆け込み”で箱買いに ...

news.yahoo.co.jp

6500品目超!値上げラッシュの10月 ピーク迎え厳しい「秋」に

mainichi.jp

 

【“値上げのピーク“10月迫る】マクドナルドも今年2度目の値上げへ

youtu.be


日テレNEWS
チャンネル登録者数 101万人

値上げのピークとなる10月まで、残りわずか。街では、値上げ前に箱ごと商品を買うなど、駆け込みで買い物をする人がいました。一方、マクドナルドは、一足早く、30日から値上げすると発表しました。

     ◇

――どんな商品が値上げすると思いますか?

マクドナルドのファン
「ポテトとか」

――あとハンバーガーも

マクドナルドのファン
「あっハンバーガーまで! 結構上がっちゃうんですね」

突然の知らせに驚くファン。その理由は、日本マクドナルドが26日に発表した値上げです。原材料価格の高騰や物流費の上昇などの影響を受け、今月30日から約6割の商品の店頭価格を変更するとしています。人気の「ハンバーガー」は130円から20円値上げし150円に、「フライドポテト」も全サイズ10円値上げします。

3月以来となる今年2度目の値上げに、“マックファン”は――

マクドナルドのファン
「100円とか上がったら、あれなんですけど。とりあえずは、様子見ながら買っていこうかなと」

マクドナルドのファン
「値上げされる前に、マックを食べて満足したいですね」

     ◇

値上げの波は、横浜の名物にも及んでいます。駅弁の定番「シウマイ弁当」を販売する崎陽軒では、10月から一番人気の「シウマイ弁当」が860円から40円値上げされます。

崎陽軒広報・マーケティング部 野本幸裕主任
「『昔ながらのシウマイ』や、『シウマイ弁当』などの製品の価格を改定させていただくことになりました」

原材料の価格高騰などを理由に、ほぼすべての商品にあたる179品目を平均4%ほど値上げするとしています。

来店客
「いつ食べても、変わらないおいしさ。高くなったら高くなったらで、10月になってからでも食べたいと思うので」


崎陽軒広報・マーケティング部 野本幸裕主任
「企業努力を続けてまいりましたが、それだけでは、今の価格を維持することが難しくなってしまいまして」

根強いファンに支えられるも、飲食業界へ打撃を与え続ける”値上げの秋”。帝国データバンクによると、10月になると6500品目以上の食品が値上げとなります。1世帯あたりの家計の負担額は、年間約7万円増えるとみられています。

     ◇

「今年最大」といわれる10月の食品値上げを前に、都内のディスカウントストアを訪れると、箱ごと商品を買う人たちの姿がありました。

買い物客
「うち、家族が多いもんで。買いだめもあるんですけど」

――普段はこの量?

買い物客
「きょうは多い方かな」

普段よりも多く買ってしまう、そのお目当ては、10月から値上げされるビールなどのアルコール類やジュースなどの飲料です。

買い物客
「缶コーヒーを買いだめしようと思いまして。(値上げは)家計に負担がかかります。広告の品を見ながらとか」

家計の負担を抑えるため、値上げの前にまとめ買いをする人が増えているといいます。

Mr Max 町田多摩境店 川崎智久次長
「通常、1ケース、2ケースしか買わないお客様も、4ケース、5ケースと買う数量が増えてますね。通常よりも、入荷の数量は増えております」

     ◇

値上げするのは、食品だけではありません。

オートバックスセブン広報・IR部 小笠原亮さん
「こちらに展示している(一部)タイヤが、10月1日より値上げを予定してるメーカーのものとなります」

大手タイヤメーカーの「ミシュラン」などが、原油価格の高騰などを受け、10月1日出荷分からタイヤを値上げします。

オートバックスセブン広報・IR部 小笠原亮さん
「車を支える重要な部品になりますので、ぜひ値上げ前のタイミングで、タイヤの状況・状態についてをチェックしていただいて」

今回の値上げをきっかけに、タイヤの状態や交換時期を確認してほしいということです。

     ◇

10月まで、残り4日、”値上げの波”は、いつまで続くのでしょうか。
(2022年9月26日放送「news every.」より)

 

食料品の値上げ、年内2万品目超に 平均値上げ率14% 10月ピークの見込み(2022年9月1日)

youtu.be

ANNnewsCH
チャンネル登録者数 286万人

 今年の食料品の値上げが累計で2万品目を超えたことが分かりました。

 帝国データバンクが8月31日までに主な食料品メーカー105社を調査した結果、8割を超える82社が値上げしたか値上げ予定と答えました。

 また、年内に値上げされる品目は累計で2万56品目で平均の値上げ率は14%でした。

 分野別で値上げが最も多いのはハムやソーセージ、冷凍食品などの加工食品で8530品目。次いで調味料で4651品目でした。

 このうち砂糖や食用油などは繰り返し値上げされていて、この影響で焼き肉のたれやマヨネーズなど幅広い品目の値上げにつながっています。

 いずれも原材料価格の高騰や、原油価格の上昇に伴って物流費などが上がったことが主な要因です。

 10月は6500品目を超える値上げが予定されていて、これまでに最も多かった8月の2.5倍と記録的な値上げになる見込みです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp