シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

「静かな人」の戦略書: 騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法

[ジル・チャン, 神崎 朗子]の「静かな人」の戦略書: 騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法

 

【要約】「静かな人」の戦略書: 騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法【ジル・チャン】

youtu.be

フェルミ漫画大学
チャンネル登録者数 79万人

今回のお話は!【はい!望月りんです!今回は、台湾を拠点に内向型の人のキャリア支援を行なっているジル・チャンさんの書かれた『「静かな人」の戦略書: 騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法』を解説していきます。この本は一言でいうと、内向型の人の生き方について書かれた世界的なベストセラーだ。内向型ってどんな人のことを言ってるんですか?おとなしくて引っ込み思案で、どちらかというと一人でいることの方が好きな人のことだな。あ、それ僕ですね。内向型と対極にいるのが「外向型」だ。...】

【要約】「静かな人」の戦略書: 騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法【ジル・チャン】

参考文献:「静かな人」の戦略書: 騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法  ジル・チャン さま/神崎 朗子 さま
購入→https://amzn.to/3x8Nhlb

イラストレーター:中森 煙@kemurismoke
イラストレーター:南もふ子@LJgfOBKDvaQxw07
   脚本・原作:コカツヨウヘイ

#本要約  #静かな人の戦略書 #ジルチャン

0:00 はい!望月りんです!
1:27 自分らしく振る舞う
3:14 苦労は人を成長させる
5:10 実はリーダーに向いている
6:41 他人の感情に振り回されない
8:09 SNSを使い倒す
9:46 適職を見つける
11:47 コミュニケーションは絶対必要
13:41 新しい環境に馴染む
15:20 授業終了!!
16:02 END

 

「静かな人」の戦略書: 騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法 Kindle
ジル・チャン  (著), 神崎 朗子 (翻訳)  形式: Kindle
5つ星のうち3.9    270個の評価

★話題沸騰! 10万部突破!
日経新聞「ベストセラーの裏側」、
NewsPicks「『静かな人』のすごい力」、
NIKKEI STYLE他、紹介続々!
★全米200万部超著者、スーザン・ケイン絶賛!
「現代の静かな闘士たちの必読書」
★Foreword INDIES「ブック・オブ・ザ・イヤー」特別賞!
★米ベレットコーラー社が28年の歴史で初めて翻訳刊行!
★台湾ベストセラー1位、20週にわたりトップ10!

「聞く力」「気配り」「謙虚」「冷静」「観察眼」
「戦略的思考」「質の追求」「慎重」「準備力」……
「静かな人」の数々の潜在能力とは?

本書は台湾出身、「超内向型」でありながら
超外向型社会アメリカで成功を収めた著者が書い
た「静かな人の潜在能力」を
最大限に引き出すための戦略書だ。

ビル・ゲイツマーク・ザッカーバーグ
イーロン・マスクウォーレン・バフェットなど、
ケタ外れの成功をしているビジネスパーソン
多くが内向型であるように、
静かな人は、底知れぬポテンシャルを秘めている。

・静かな人は「表面より本質」を重視する
・「じっくり聞く」という特殊能力
・冷静に「小さなミス」を見つけだせる
・大人数より「一対一」で深い関係をつくれる
・観察者で、リーダーで、集中力がある
・静かな人が「もっとも周到」なことは多い
・静かな人の「バックハンド」の威力
・完璧な準備で「質の高い」仕事をする
・「謙虚さ」こそが成功をもたらす

騒がしい言葉で埋め尽くされている世の中で、
静かな人がその能力をフルに開花させる秘密が
詰まった本書、必読である。

 

著者について
ジル・チャン(Jill Chang)
ミネソタ大学大学院修士課程修了、ハーバード大学清華大学でリーダーシップ・プログラム修了。ハーバード・シード・フォー・ソーシャル・イノベーション、フェロー。アメリカの非営利団体フィランソロピー・アドバイザーを務める。過去2年間で行ったスピーチは200回以上に及ぶ。15年以上にわたり、アメリカ州政府やメジャーリーグなど、さまざまな業界で活躍してきた。2018年、ガールズ・イン・テック台湾40アンダー40受賞。本書は台湾でベストセラー1位となり、20週にわたりトップ10にランクイン、米ベレットコーラー社が28年の歴史で初めて翻訳刊行する作品となり、第23回Foreword INDIES「ブック・オブ・ザ・イヤー」特別賞に選出されるなど話題となっている。現在は母国の台湾・台北市に拠点を置きながら、内向型のキャリア支援やリーダーシップ開発のため国際的に活躍している。

神崎朗子(かんざき・あきこ)
翻訳家。上智大学文学部英文学科卒業。訳書に『やり抜く力』『NEW POWER』(ともにダイヤモンド社)、『スタンフォードの自分を変える教室』『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』『フランス人は10着しか服を持たない』『FOOD ANATOMY 食の解剖図鑑』(以上、大和書房)、『食事のせいで、死なないために』[病気別編][食材別編](ともにNHK出版)、『存在しない女たち』(河出書房新社)、『花の子ども』(早川書房)などがある。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
出版社からのコメント
日本語版への序文──控えめで強力な「静かな力」
INTRODUCTION:鎧を脱いで身軽になる

■PART1:静かな人の「仕事」の戦略
──冷静沈着に「戦略的思考」を生かす
CHAPTER 1:「はったり」はいらない
CHAPTER 2:戦略的に「得意なこと」で勝負する
CHAPTER 3:「核心」の能力を集中的に磨き上げる
CHAPTER 4:独特の「脳の特徴」を武器にする
CHAPTER 5:自分を「現実的」に見つめ、受け入れる
CHAPTER 6:ストレスフリーで「新しい環境」になじむ

■PART 2:静かな人の「人間関係」術
──「深く聞く力」で人を魅了する
CHAPTER 7:仕事の戦場で「味方」を増やす
CHAPTER 8:落ち着いて「もめごと」をさばく
CHAPTER 9:「他人の感情」にいちいち振り回されない
CHAPTER 10:「電話」は難敵にも強い味方にもなる
CHAPTER 11:「交渉」を成功させるカギは聞く力
CHAPTER 12:「出張」で力の浪費を最小限に抑える
CHAPTER 13:外向型文化の中で「バックハンド」で戦う

■PART 3 冷静な力を「人前」で生かす
──完璧な準備で「質の高い」仕事をする
CHAPTER 14:長所を生かせば「イベント」は楽勝である
CHAPTER 15:そもそも、本当に行く必要があるのか?
CHAPTER 16:勝敗は「始まる前」に決している
CHAPTER 17:社交は「戦略」がすべて
CHAPTER 18:人前で話す極意
CHAPTER 19:会議で「隠れる」ことはできない
CHAPTER 20:静かな人は「SNS」を使い倒すべし

■PART 4:静かな人の「潜在能力」
──しなやかな「リーダーシップ」を発揮する
CHAPTER 21:「謙虚さ」こそが成功をもたらす
CHAPTER 22:タイプを混ぜれば「最強チーム」ができる
CHAPTER 23:あえて「正反対」の相手とタッグを組む
CHAPTER 24:上司を「管理」して、正当な評価を得る
CHAPTER 25:リーダーに「カリスマ」はいらない
CHAPTER 26:「静かな羊」がライオンを導く
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。