シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

【時短】5分で分かる!40代をあきらめて生きるな 永松茂久



【時短】5分で分かる!40代をあきらめて生きるな 永松茂久
【時短】YouTube図書館

youtu.be

 

Kindle本 はじめての購入に使える70%OFFクーポン
「もう40代」ではなく、「まだ40代」と考えて生きる!

「もう40代か、歳を取ったな」
「この歳から何かを始めるなんて無理に決まってる」
「いまさら高望みをしてもね」
こんな会話がよく聞こえてくる。
しかし、これは大きな勘違いだと最初に言いたい。
ひと言で言えば、この本はそういった40代の〝不幸な思い込み〞を取っ払うために生まれた本である。―「はじめに」より

「40代は何をやるにも、もう遅い」
そう自分に言い聞かせて、あきらめようとしていませんか?

しかし、人生100年時代において、40代はまだ折り返し地点にも到達していないのです。
人生をあきらめるには、残りの時間は長すぎる。本当は、40代こそ人生でやりたいことが最もできる世代なのです。 「もう40代だから」ではなく、「まだ40代」と考えて、人生の後半戦に向けてリスタートを切りましょう。


<本書の主な内容>
・40代、あきらめるにはまだ早すぎる3つの理由
・40代はつきあいを悪くしよう
・たったひとりでもいい。40代のうちに誰かを導く人になろう
・40代は年下から学べ
・成功談よりも先に、まずは失敗談を集める
・40代は、いばらないだけで愛される
・40代男性が1秒でも早く気づくべき、この世で最強の力
・本当にやってきた「女性が活躍する時代」
・女性たちよ、もう「できないふり」はやめなさい
・まわりに華を持たせることができるか?
・40代、「副業」をもっとあたりまえのこととして捉えよう
・「台風の目」になってくれる第一陣のメンバーを大切にする
・40代こそが、やりたいことができる年代だ
・「若いって不自由だよね」と言える人になる…etc.

 

著者について
永松茂久(ながまつ・しげひさ)
株式会社人財育成JAPAN 代表取締役大分県中津市生まれ。2001年、わずか3坪のたこ焼きの行商から商売を始め、2003年に開店した「ダイニング陽なた家」は、口コミだけで県外から毎年1万人を集める大繁盛店になる。自身の経験をもとに体系化した「一流の人材を集めるのではなく、いまいる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人材育成法には定評があり、全国で多くの講演、セミナーを実施。「人の在り方」を伝えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ており、講演の累計動員数は40万人にのぼる。2016年より、拠点を東京都港区麻布に移し、現在は経営、講演だけではなく、執筆、人材育成、出版コンサルティング、イベント主催、映像編集、ブランディングプロデュースなど数々の事業を展開する実業家である。著作業では2020年、ビジネス書部門の年間累計発行部数で国内著者ランキング1位を獲得。『20代を無難に生きるな』『30代を無駄に生きるな』『影響力』『言葉は現実化する』『心の壁の壊し方』『男の条件』『人生に迷ったら知覧に行け』(いずれも、きずな出版)、『人は話し方が9割』(すばる舎)、『在り方』(サンマーク出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)など著書多数。累計発行部数は220万部を突破している。