シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

発達障害のグレーゾーンとは?特徴や仕事ができないと悩む方へ

 

 

発達障害のグレーゾーンとは?特徴や仕事ができないと悩む方への対策を解説

works.litalico.jp

動画 発達障害 グレーゾーン とは!? 【 精神科医 が 解説 】

youtu.be

メンタルドクターSidow
チャンネル登録者数 9.31万人
発達障害という言葉はみなさんももうご存知かと思いますが、最近では発達障害のグレーゾーン、という言葉をよく耳にするようになりました。
発達障害のグレーゾーンとは何か、また実際にグレーゾーンが疑われる人はどうしたらいいかを精神科医の私Sidowが解説しました!

 

動画 【真実】あなたが今、生きづらいのは発達障害未満だけど症状がある「グレーゾーン」だからかもしれません!!! 『発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法』

youtu.be

学識サロン
チャンネル登録者数 53.9万人
amazonリンク】
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法』岡田尊司/SBクリエイティブ
https://amzn.to/3SaHS5F

【目次】
0:00 オープニング
1:25①発達障害グレーゾーンとは?
3:33②イメージできない人
6:09③共感するのが苦手な人

 

発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法 (SB新書) 新書 – 2022/2/5
岡田尊司  (著)
5つ星のうち4.2    103個の評価
ベストセラー1位 - カテゴリ 児童心理

発達障害より生きづらい?
あなたももしかしたら「グレーゾーン」かもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

発達障害について広く認知されるようになり、
自分も発達障害かもしれないと医療機関を訪れる人も増えてきた。
そんななか多くなっているのが、徴候はあるものの診断には至らない「グレーゾーン」。
診断には至らないとはいえ、じつはグレーゾーンのほうが生き辛いという研究もあり、最近注目されている。
本書は、こだわり症、疑似ADHD、社会的コミュニケーション障害、不安型愛着スタイルなど、
タイプ別に発達障害未満の生きづらさの傾向とその対策について解説する。


発達障害、パーソナリティ障害、愛着障害など、
現代人のこころの闇に最前線で向き合い続ける
精神科医が心をこめて書き下ろす渾身の一冊!

 

著者について
1960年、香川県生まれ。精神科医、作家。医学博士。東京大学文学部哲学科中退。京都大学医学部卒。京都大学大学院医学研究科修了。長年、京都医療少年院に勤務した後、岡田クリニック開業。現在、岡田クリニック院長。日本心理教育センター顧問。パーソナリティ障害、発達障害治療の最前線に立ち、現代人の心の問題に向かい合っている。著書に『アスペルガー症候群』(幻冬舎)、『愛着障害』(光文社)、『母という病』(ポプラ社)、『パーソナリティ障害』(PHP研究所)などベストセラー多数。小説家・小笠原慧としても活動し、作品に横溝正史賞を受賞した『DZ』、『風の音が聞こえませんか』(ともに角川文庫)などがある。

 

動画 【あるある】グレーゾーンならではの苦悩とは【発達障害 漫画】

youtu.be

 

動画 【大人の発達障害】病院で発達障害グレーゾーンと診断された男。ADHDなのか?グレーゾーンと診断された男の結末・・・(マンガ動画)

youtu.be

 

発達障害グレーゾーンの子どもとは - LITALICOライフ

life.litalico.jp

発達障害のグレーゾーンとは、「発達障害の特性が見られるものの、診断基準には満たない状態」の通称です。 医学的な診断名ではありません。 発達障害の診断を受けた方と比べて、日常での困難は少ないと思われがちですが、そこには「支援を受けられない」「相談先がない」「理解を得られにくい」といった特有の困りごとがあります。