シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

話題の「16時間断食」の一体なにがスゴイのか

 

 

「16時間はなにも食べるな」最新医学が勧めるプチ断食の3大 ...

president.jp

あえて空腹時間を作る「プチ断食」は女性には勧められない医学 ...

president.jp

「16時間断食ダイエット」が起こす3つの奇跡!“オート ... - LEE

lee.hpplus.jp

話題の「16時間断食」の一体なにがスゴイのか

toyokeizai.net

 

動画 【ベストセラー】「「空腹の時間」が健康を決める」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

youtu.be

本要約チャンネル【毎日19時更新】
チャンネル登録者数 108万人
Amazonの購入はこちら👉https://amzn.to/3KXR3C3
楽天の購入はこちら👉https://a.r10.to/hwSdaZ

▼本の詳細はこちら
http://www.shin-sei.co.jp/np/isbn/978...

▼【目次】
0:00   ご挨拶・導入
3:46  本日のお品書き
4:05   ①限 老化の原因も血流である
9:36   ②限 「空腹の時間」を作ることは健康の秘訣である
27:16 ③限 Tie2を活性化する食材で毛細血管を守ろう

 

「空腹の時間」が健康を決める 単行本 – 2019/8/9
石原 結實 (監修), 石原 新菜  (著)
5つ星のうち4.1    62個の評価

空腹を活用しながら血流をよくして、健康と若返りを手に入れる本です。 【健康を決めるのは「血流」】 健康を決めるのは「血流」です。 血流が悪くなると、「だるい」「疲れる」「冷え」といった症状から始まり、「肌トラブル」「便秘・下痢」「肩こり」「頭痛」などの不調になります。さらに、悪化すると病気になってしまいます。 【1日3食は、食べすぎです】 多くの方は、1日3食をとっています。 しかし、1日3食は、食べすぎです。 食べたものを、体の中に消化・吸収するには、たくさんの血液が必要となります。食べたあと眠くなるのはその一例です。血液が胃腸に回されて脳の血流が減ってしまうために、食後にはうつらうつらしてしまうのです。 そうすると、他の部分に血液が回りません。とくに、毛細血管といわれる細い血管に血液が行き届かなくなり、血管に血液が全く回らなくなるゴースト血管(血管の幽霊化)になってしまいます。 すると、その周り部分には、血液を使って送られるべき酸素や栄養が届かず、いらなくなった老廃物の回収もできません。 その結果、「冷え」という症状が始まり、不調になり、最終的には病気へとつながってしまうのです。 【空腹が、血流を回復させます】 この血流をよくするために、一番効果が高いのは「空腹」です。 空腹の時間を多くすると、血流は一気に回復へと向かいます。 食べたものの消化・吸収に使われる血液が減り、そのぶん他のところへ栄養を運んだり、老廃物を回収したりすることができるのです。 不調や病気は、体の中の悪いものが排泄できないためになります。血流がよくなれば、体にとって不要な老廃物を排泄することができるのです。 【つらくない空腹時間の作り方】 「空腹はつらい」という印象があります。 そのような方でも、本書で紹介する方法を使えば、ラクに空腹の時間を長くすることができます。 空腹を活用しながら血流をよくして、健康と若返りを手に入れましょう!

 

内容(「BOOK」データベースより)
「食べない時間」が老いと病気を遠ざける。究極の若返り健康法。
著者について
「主治医が見つかる診療所」「林理の今でしょ!講座」など、テレビ出演多数。 書籍も13万部超の『蒸しショウガ健康法』をはじめ、ベストセラー多数。

『「体を温める」と病気は必ず治る』60万部、『生姜力』20万部、『食べない健康法』10万部など、ベストセラー多数。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
石原/結實
イシハラクリニック院長。ヒポクラティック・サナトリウム施設長。ジョージア共和国科学アカデミー長寿医学会名誉会員。1948年長崎市生まれ。長崎大学医学部を卒業して血液内科を専攻。同大学院博士課程で医学博士の学位を取得。スイスの自然療法病院、B・ベンナークリニックやモスクワの断食療法病院でガンをはじめとする数々の病気、自然療法を学び、コーカサス地方の長寿村にも長寿食の研究に5回赴く。テレビ、ラジオなどの出演や全国講演でも活躍中。クリニック院長のほか、伊豆で健康増進を目的とする保養所、ヒポクラティック・サナトリウムを運営。ベストセラーとなった『生姜力』(主婦と生活社)を含め著書は300冊以上にのぼり、米国、ロシア、ドイツ、フランス、中国、韓国、台湾、タイなどで100冊以上が翻訳されている

石原/新菜
イシハラクリニック副院長。ヒポクラティック・サナトリウム副施設長。健康ソムリエ講師。1980年長崎市生まれ。幼少期をスイスで過ごす。医学生の頃から父・石原結實とメキシコのゲルソン病院、ミュンヘン市民病院の自然療法科、英国のブリストル・キャンサー・ヘルプセンターなどを視察し、自然医学の基礎を養う。クリニックでの診療のかたわら、メディア出演、執筆、講演活動なども積極的におこない、「腹巻」や「生姜」などによる美容と健康増進の効果を広めることに尽力している。二児の母で、母として女性としての視点からのアドバイスにも定評がある。著書は中国、香港、韓国、台湾、ベトナムなどで翻訳されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

動画 【空腹こそ最強のクスリ】16時間断食の正しいやり方 -無理なく痩せる食事法を解説- 【オートファジーダイエット】

youtu.be

 

「空腹」こそ最強のクスリ 単行本(ソフトカバー) – 2019/1/26
青木 厚  (著)
5つ星のうち4.2    3,037個の評価
ベストセラー1位 - カテゴリ 薬・サプリメント

◎34万部突破のベストセラー
◎人気チャンネル「中田敦彦YouTube大学」で大絶賛!
◎テレビ・雑誌でも話題、有名人も多数実践中!
◎「頭がさえる」「疲れない」「無理なくやせる」と好評
◎病気の悩みが解消、ダイエットも成功と感謝の声続々
--------
【いま話題の「16時間断食」は、この本から生まれました! 】

ノーベル賞を受賞したオートファジー研究から生まれた、
医学的に正しい食事術
だから、
「無理なくやせる! 」
「頭がさえる! 」
「疲れにくい体になる! 」


ガン、認知症、糖尿病、高血圧、内臓脂肪、
しつこい疲れ・だるさ、老化にお悩みの方、
ぜひ読んでください!


「16時間断食」(1日16時間は食べない食事法)は、
最新医学エビデンスに基づく
本当に正しい食事法。
「何を食べるか」ではなく、
「食べない時間(空腹の時間)を増やす」
たったこれだけがルール!

睡眠時間を上手に組み合わせて
「1日16時間は食べない」だけで、
細胞内の悪いタンパク質や細菌が除去され、
全身の細胞がみるみる修復!

この「16時間断食」なら、
炭水化物も、脂肪も、甘い物も、お酒も、
ガマンせず好きなだけ食べられるから
ストレスなく健康になれます!

「1日3食しっかり食べているのに、
なぜか体がだるい、疲れている」

「健康に良いとされる食べ物を摂取しているのに、
ぜんぜん効果が現れない」

「カロリー計算や食事の種類に気を使うのは、
性格的にめんどくさい」

「クスリやサプリに頼らず、
怖い病気を予防し、持病を改善させたい」

そんな方はぜひ、
本書で紹介する「空腹パワー」を利用した
食事法=「16時間断食」を試してみてください!


【具体的にはこんな効果が期待できます】
・血圧、血糖値、コレステロール値が正常に戻る
・クスリを使わず、ガン・認知症・糖尿病を予防・改善できる
・アレルギーや花粉症からラクになる
・慢性的な疲れやだるさが解消される
・集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる
・肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する
・おいしく食べながら、ダイエットに成功できる

 

出版社からのコメント
◎33万部突破のベストセラー
◎人気チャンネル「中田敦彦YouTube大学」で大絶賛!
◎テレビ・雑誌でも話題、有名人も多数実践中!
◎「頭がさえる」「疲れない」「無理なくやせる」と好評
◎病気の悩みが解消、ダイエットも成功と感謝の声続々
--------

ノーベル賞を受賞したオートファジー研究から生まれた、
医学的に正しい食事術=「16時間断食」
だから、
「無理なくやせる! 」
「頭がさえる! 」
「疲れにくい体になる! 」


ガン、認知症、糖尿病、高血圧、内臓脂肪、
しつこい疲れ・だるさ、老化にお悩みの方、
ぜひ読んでください!

 

最新医学エビデンスに基づく
本当に正しい食事法は、
「何を食べるか」ではなく、
「食べない時間(空腹の時間)を増やす」
たったこれだけがルール!

睡眠時間を上手に組み合わせて
「16時間断食」(1日16時間は食べない)だけで、
細胞内の悪いタンパク質や細菌が除去され、
全身の細胞がみるみる修復!

この食事法なら、
炭水化物も、脂肪も、甘い物も、お酒も、
ガマンせず好きなだけ食べられるから
ストレスなく健康になれます!

「1日3食しっかり食べているのに、
なぜか体がだるい、疲れている」

「健康に良いとされる食べ物を摂取しているのに、
ぜんぜん効果が現れない」

「カロリー計算や食事の種類に気を使うのは、
性格的にめんどくさい」

「クスリやサプリに頼らず、
怖い病気を予防し、持病を改善させたい」

そんな方はぜひ、
本書で紹介する「空腹パワー」を利用した
食事法=「16時間断食」を試してみてください!


【具体的にはこんな効果が期待できます】
・血圧、血糖値、コレステロール値が正常に戻る
・クスリを使わず、ガン・認知症・糖尿病を予防・改善できる
・アレルギーや花粉症からラクになる
・慢性的な疲れやだるさが解消される
・集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる
・肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する
・おいしく食べながら、ダイエットに成功できる
内容(「BOOK」データベースより)
がん、認知症、糖尿病、高血圧、内臓脂肪、疲れ・だるさ、老化―がんを克服した医師が実践する超簡単健康法!ノーベル賞を受賞したオートファジー研究から生まれた食べ方の新常識。
著者について

医学博士。あおき内科 さいたま糖尿病クリニック院長。
自治医科大学附属さいたま医療センター内分泌代謝科などを経て、
2015年、青木内科・リハビリテーション科(2019年に現名称に)を開設。
糖尿病、高血圧、高脂血症生活習慣病が専門。
糖尿病患者の治療に本書の食事術を取りいれ、
インスリン離悦やクスリを使わない治療に成功するなど成果を挙げている。
自身も40歳のときに舌がんを患うも完治。食事療法を実践してガンの再発を防いでいる。
ライザップの医療監修ほか、「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)、
「直撃! コロシアム! ズバッとTV」(TBS)などメディア出演多数。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
青木/厚
医学博士。あおき内科さいたま糖尿病クリニック院長。自治医科大学附属さいたま医療センター内分泌代謝科などを経て、2015年、青木内科・リハビリテーション科(2019年に現名称に)を開設。糖尿病、高血圧、脂質異常症など生活習慣病が専門。糖尿病患者の治療に本書の食事術を取りいれ、インスリン離脱やクスリを使わない治療に成功するなど成果を挙げている。自身も40歳のときに舌がんを患うも完治。食事療法を実践してがんの再発を防いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)