シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

ゲームは人生の役に立つ。

【漫画】「ゲームは人生の役に立つ。 生かすも殺すもあなた次第」をわかりやすく解説【要約/小幡和輝】

 

youtu.be

フェルミ漫画大学
チャンネル登録者数 75.5万人

今回のお話は!【はい!望月りんです!今回は日本初、ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』の代表である小幡和輝さんの書かれた「ゲームは人生の役に立つ。 生かすも殺すもあなた次第」を解説していきます。この本は一言でいうと「ゲームがどのように人生の役に立つか」について教えてくれる本だ。ゲームが人生の役に立つ?あぁ、ひと昔前はゲームといえば、一部のゲーマーや男の子の遊びというイメージがあったが、スマホが普及したこともあって、今やゲームは身近なものとなり生活の一部になってきている。...】

 

ひまがあるとついついゲームをしてしまうという皆さん。時間とお金を費やして、あなたが手に入れたものは何ですか?

「サッカーや将棋ならいいけどゲームはダメ! 」
「ゲームなんて何の役にも立たない! 」――そんなふうに親から言われてきたのに、結局いまもゲームから離れられないあなた。
あるいは、自分が親になったとき、同じことを子どもに向かって言っているあなた。
それって、どこかで方向転換をしないといけなくありませんか?

10年間の不登校中、ゲームに“3万時間"を費やしたという著者は、高校生のときに起業して社長となり、
その後は国から「内閣府地域活性化伝道師」にも任命され、地域活性化などの仕事に情熱を注いでいます。
では「いつ、どこで」社会人として必要なスキルを学んだのでしょうか?
じつは「ゲームを通じて学んだのだ」と著者は言います。あなたが気づいていないだけで、ゲームにはスキルを高める要素があるのです

一般的に「囲碁や将棋はいいけど(テレビ)ゲームはダメ」という認識がある中で、
著者はゲームの「良い面」やその効果について、実体験を踏まえて一つひとつ丁寧に検証していきます。
また、「スポーツ、脳科学、ゲーム、教育」それぞれの分野の識者との対談を通じて、
ゲームの置かれた状況や今後の展望、教養や生き方にゲームが及ぼすさまざまな影響などについて詳らかにしていきます。

ネットが世界をつなぎ、AIが人間に取って代わる時代となり、ゲームはデジタルの世界で確固たる地位を築いています。
今後も伸び続けていく成長分野のひとつであり、そんなゲームの「良し悪し」を評価する時期はもう過ぎました。
ゲームはすでに生活の一部になっているのです。
したがって、良し悪しではなく、「どうすれば役に立つのか」をポジティブに考える必要があるのではないでしょうか。

そのきっかけになるのが本書です。「ゲームでスキルを高めて仕事や勉強に活かせるならそうしたい! 」「わが子がゲームにハマって困っている」という方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。

CONTENTS

はじめに――僕はゲームで救われた。

I.「ゲーム」って何を指す言葉?
ゲームのイメージ/ゲームは何の役に立つ?
●ゲーム対談1:話をしてくれた人 澤田智洋さん

II.ようこそ、「ゲーム」が描く未来へ!
なぜゲームをしていると怒られるのか?/競技としてのゲーム/ゲームは価値のないもの?/
ゲームはコミュニケーションツール! /ゲームが必要とされる時代になった!?
●ゲーム対談2:話をしてくれた人 茂木健一郎さん

III.「ゲーム」の存在価値について考える
ゲームは世界の共通言語/カードゲームから経済を学ぶ/ゲームで培った仮説検証力/
ゲームは説明する力がつく/ちょっと残念なこと
●ゲーム対談3:話をしてくれた人 池田芳正さん

IV.「生きる力」をゲームで育てる
ゲームが仕事になる社会は近づいている/コミュニケーション能力をゲームで育む/課金のあるソーシャルゲームは「悪」なのか?/
ゲームで友だちを作る/ゲーム感覚の重要性/ゲームから学んだチーム作りとスキルアップ/オリジナルのルールを作る/
ゲームが仕事になりました! /ゲームとストーリー作り
●ゲーム対談4:話をしてくれた人 高濱正伸さん
番外編 ミニ座談会

V.キーワードから導く「まとめ」

あとがき

 

出版社からのコメント
著者の小幡さんの視線は、いつも“弱者"である子どもたちに向けられています。
自身が不登校でつらい思いをした経験を糧に、同じような悩みを抱えている子どもたちに
希望を与えることを第一義としています。それは本書でも同じ。
私たち大人はゲームよりおもしろく、有意義なことがこの世にはたくさんあることを知っています。
でも子どもはそうではない。まだ世界の片隅で生きている彼らにとって、
ゲームは身近にある最高におもしろいもので、ハマってしまうのも無理はありません。
ところが、親は「ゲームはダメ」と言ってしまいがちです。
心配でたまらない。ゲームばかりやっていたら、ロクな大人にならないと思ってしまう。
でも、本当にそうなのでしょうか?
小幡さんは「自分はゲームに救われた」と言います。学校では友だちができず、勉強は楽しくなく、
音楽もスポーツも苦手だったけど、ゲームに出合ったことで自分に自信を持つことができたそうです。
もちろん、ただ漫然と受け身でゲームをしていてもダメ。どんなふうにゲームに接するかが重要です。
それを保護者や子どもたち自身に知ってもらいたいと本書を著しました。
その主張に加えて、識者4名との対談も読み応えがあります。
ゲームに無駄な時間とお金を費やしていると感じている人、「わが子がゲームにハマっていて心配」という方はぜひご一読を! --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。
内容(「BOOK」データベースより)
課金で得られる満足なんてたかが知れてる!ゲームにはあなたのスキルを高める要素がいっぱいつまってる。これまでに使ったお金と時間を無駄にしない方法を教えます。 --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。
著者について
小幡和輝/おばたかずき
NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師。
1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、
トータルのプレイ時間は30,000時間を超える。その後、定時制高校に入学。
地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。
2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。
その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、
地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。
著書に『学校は行かなくてもいい』がある。 --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
小幡/和輝
NagomiShareFund&地方創生会議Founder/内閣府地域活性化伝道師/#不登校は不幸じゃない発起人。1994年和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げた。47都道府県すべてから参加者が集う「地方創生会議 in 高野山」の主催や、1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」の設立など、地方創生の新しい仕組みを構築中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。