シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

「課題の分離」こそがあなたを変え、あなたを自由にする!

アドラーの似顔絵イラスト

 

自分の課題他人の課題をちゃんと分けて考えよう。

他人の課題自分がどうこうできる問題ではありません。

したがって他人の課題について悩むことは無駄です。

この考え方が理解できて、随分と気持ちが軽くなりました。

今回は真面目です。(笑)

 

 

「課題の分離」こそがあなたを変え、あなたを自由にする!

diamond.jp

【気にしない方法】アドラー心理学の「課題の分離」を分かりやすく解説

youtu.be

ライフハックアニメーション - 心と体の健康チャンネル -
チャンネル登録者数 16.5万人
 ・嫌われる勇気でも解説されていた「課題の分離」についてもっと詳しくなれる!
 ・どうすれば人間関係上の悩みに向き合えば良いのかが分かる!
 ・「課題の分離」に関する疑問点を解消できる!

この動画では、嫌われる勇気でもおなじみのアドラー心理学より、その重要なコンセプトの1つである「課題の分離」について、もっと詳しく・もっと分かりやすく解説しています。

この動画を見る事で、人生における悩みやストレスにどう付き合えばよいのか、そして自分の人生を自由に生きるとはどういう意味なのかについて、アドラー心理学の教えを学ぶことができます。

 

アドラー心理学⑤】課題の分離について解説 嫌われる勇気【人間関係】

youtu.be

くぼ店長の仕事術
チャンネル登録者数 4690人
noteで、ビジネス関係の情報発信を始めました(*^-^*)
https://note.com/moneypro/n/n9ff6e178... 

すべての悩みは対人関係であり、課題の分離ができていない事が、ありとあらゆる対人関係上の悩みの原因とアドラーは言っています

「課題の分離」とは、
自分と他者の課題を分離し、他者の課題には踏み込まないようにすると同時に、他者にも自分の課題に踏み込ませないようにする事です。

自分がコントロールできる事は、一生懸命行い、コントロールできない部分は、考えない

課題の分離が出来ている人は、自分の課題だけに集中し、コントロールできない部分は考えません。

自分と他者の課題を分離するためには、その課題について最終的な責任を負うのは誰か?もしくは、その課題について最終的な結論を出すのは誰か?

という事について考えて線引きします。


アドラー心理学とは、アルフレッド・アドラーが創始し、後継者たちが発展させてきた心理学の体系です。

ルフレッド・アドラーは、20世紀初めに活躍したオーストリア出身の心理学者で、
ジークムント・フロイトカール・グスタフユングと並んで、現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人として歴史に名が刻まれています

嫌われる勇気が有名な一冊になります。

結論から話すと、アドラー心理学では、人間の悩みは、全て対人関係であるとしています。
その為、対人関係が改善されれば悩みが解決し、幸福感が高まるという考え方です。

 

「課題の分離」が導く人間関係の築き方 | 医療法人社団 平成医会

heisei-ikai.or.jp

アドラー心理学マンガで分かる心療内科・精神科in池袋 第 ...

yuk2.net

「課題の分離」、正しく理解していますか?職場や業務で適切 ...

manager-life.net