シニア情報局

「ゆるりと参ろうではないか」 ゆっくりとゆったりと

世界最先端の研究が教える新事実 心理学BEST100

世界最先端の研究が教える新事実 心理学BEST100

【悲報】人は一生のうち、50%の人が心の病気になる。。。『世界最先端の研究が教える新事実 心理学BEST100』

youtu.be


学識サロン
チャンネル登録者数 55.1万人
amazonリンク】
『世界最先端の研究が教える新事実 心理学BEST100』内藤誼人/総合法令出版
https://amzn.to/3dxQuUF

【目次】
0:00 オープニング
1:14①インターネットは人のつながりを減らす
3:40②ただ質問されるだけで行動する可能性は高まる
5:29③頭で考えていることは無意識に行動にも表れる

 

世界最先端の研究が教える新事実 心理学BEST100 単行本(ソフトカバー) – 2021/9/10
内藤 誼人  (著)
5つ星のうち3.3    51個の評価

数万とある研究の中から必ず押さえておきたい
100の研究を厳選収録!

本書で紹介する研究は、「これは知らなかった」「心理学って面白そう」と感じていただけるものばかりです。さらに、これからの時代に役立ちそうなもの、実際の生活や仕事に役立ちそうなものを厳選しました。

きっと、みなさんに「目からウロコ」とういうのは、こういう体験のことをいうのか、感じていただけることでしょう。
ぜひ、本書を通して、「人の心」の面白さに触れてみてください。

 

著者について
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役社長。
慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。社会心理学の知見をベースに、ビジネスを中心とした実践的分野への応用に力を注ぐ心理学系アクティビスト。趣味は釣りとガーデニング
著書に、『裏社会の危険な心理交渉術』『世界最先端の研究が教えるすごい心理学』(以上、総合法令出版)など多数。その数は200 冊を超える。