シニア情報局

俺たち(シニア)に明日はない。毎日が必死のパッチ!

長生きしたければ知っておきたい 健康常識○と×

 

 

youtu.be

 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
病院では教えてくれない「健康・医療の新常識」を
『駆け込みドクター! 』(TBS)、『いっぷく! 』(TBS)、
世界一受けたい授業』(日本テレビ)など
数多くのテレビ番組にも出演する池谷敏郎先生が、解説します!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今はもう「非常識」となってしまった古い医学の「常識」を
ずっと信じている方が多いようです。

また、新しい知識を身に付けても、
それに振り回されてしまう人がいます。

そこで、医学知識に振り回されることのないように、
最新の正しい医学知識を皆様にご提供すべく
本書が誕生しました。
健康で長生きしたい方には、お役にたつことばかりです。

本書が目指した一番の姿勢は、
医学や健康法について何かの
「批判」や「批評」だけに終始しないということです。

もし「?には効き目がない! 」という
批判だけで終わってしまったら……。
「それじゃあ、一体、どうすれば治るのだろう?」と
皆さんは途方に暮れてしまうことでしょう。

そんなことにならないように、どんな方法であっても、
解決策や善後策、もしくは建設的な考え方を
本書では提示しています。


【第1章】病気知らずで長生きできる! 食生活の新常識
・食べる順番を変えれば、長生きに近づく
・「低カロリー飲料」は、かえって太る可能性がある!?
・「炭水化物ダイエット」よりも「プチ糖質制限」がよい
・体に良い魚の脂も、調理の仕方次第で毒になる
・ウコンやシジミは二日酔いに効かない
・酔い覚ましには睡眠よりも食事が効く

【第2章】これでは長生きできない 健康の「非常識」
口内炎には塗り薬よりもうがいが効く
・風邪薬を飲んでも風邪を治すことにはならない
抗生物質はほとんどの風邪に効かない

【第3章】怖い生活習慣病にかからないための新常識
・がんの原因は遺伝がたったの5%
腹式呼吸をするだけで、血圧上昇は抑えられる
・トイレを我慢すると突然死することがある
・炭水化物は冷やすとよい

【第4章】血管を強くする運動の新常識
・ほとんどの腰痛は、あえて体を動かした方が早く治る
冷え性には、防寒着や温かい料理よりも軽めの運動を
・合間の腹へこませ運動で、運動不足が解消

【第5章】若く美しいまま長生きする! 美肌とキレイの新常識
・シルエットが20歳若返る歩き方
更年期障害のようで更年期障害じゃない症状

 

著者について
池谷敏郎(いけたに・としろう)

池谷医院院長。医学博士。
東京医科大学客員講師、総合内科専門医、循環器専門医。

1962年東京都生まれ。
1988年、東京医科大学医学部卒業後、
同大学病院第二内科に入局。
1997年、池谷医院理事長兼院長に就任。

臨床の現場に立つ傍ら、内科、循環器科のエキスパートとして、
『駆け込みドクター! 』(TBS)、『いっぷく! 』(TBS)、
世界一受けたい授業』(日本テレビ)などにテレビ出演し、
雑誌、新聞への寄稿、講演を行うなど多方面で活躍中。
わかりやすく歯切れのよい医学解説が好評を博す。

著書に『血管を強くして突然死を防ぐ! 』(すばる舎)、
『「血管を鍛える」と超健康になる! 』(三笠書房)、
『心臓を使わない健康法』(マガジンハウス)など多数。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
池谷/敏郎
池谷医院院長。医学博士。東京医科大学客員講師、総合内科専門医、循環器専門医。1962年東京都生まれ。1988年、東京医科大学医学部卒業後、同大学病院第二内科に入局。1997年、池谷医院理事長兼院長に就任。臨床の現場に立つ傍ら、内科、循環器科のエキスパート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)